婚約指輪のダイヤモンドを選び方

婚約指輪のダイヤモンドについて

婚約指輪と言えば、ダイヤモンドと言っても過言ではないでしょう。それぐらいダイヤの指輪を婚約指輪に選ぶ人が多いです。実際に売れているダイヤモンドの大きさは0.3カラット~0.4カラットで次いで0.2カラット~0.3カラット、0.4カラット~0.5カラットとなっております。若いときは金額の問題もあるでしょうが、少し小さめのダイヤを選ぶ傾向があります。しかしながら予算に余裕があるのであれば大きめのダイヤモンドをお薦めいたします。。というのは年齢を重ねてからも使用するには大きさがポイントになるからです。小さい石を選んでしまうと、40代以降になってくると大きなものが欲しくなると思います。なので出来れば0.4カラット以上あるものを購入することをお薦めいたします。

ダイヤモンドの質は4Cであらわされます。Cut(カット)Color(カラー)Clarity(クラリティー)Carat(カラット)の4つです。ダイヤモンドのプロの方たちが重視したほうが良いというのはCut(カット)。カットによって輝きが全然違うそうです。もちろん4つの要素とも大事なので、他がどうでもいいという訳ではありません。是非、手にとって見比べて、ご自身が気に入ったダイヤモンドを選んでいただければと思います。

↑ PAGE TOP